【動画】[危険な離着陸]世界で最も恐ろしい空港!?セントマーチン島のビーチを通過する飛行機

 カリブ海のリーワード諸島にあるセント・マーチン島という島をご存知でしょうか?

北側はフランス領、南側はオランダ領に分割されていて、世界中から観光客がバカンスに訪れている島です。

実は、この島は、あることが観光の最大の魅力で有名です。
 
 それは、島にある2つ空港のうちの1つであるプリンセス・ジュリアナ国際空港(オランダ領)に飛行機が着陸するとき、隣接のマホビーチ(観光地!)を通過するのですが、なんと、着陸寸前なので飛行機の高度が人の頭スレスレなのです!!

この頭上を通過した直後に滑走路に接触するというびっくりするような光景は、SNSを通して世界中に拡散されると人気に火がついて、これを体験する為に島へ訪れる人が急増しました。

今回は、世界で最も恐ろしい空港と異名のある「セントマーチン島の飛行機の離着陸の光景」の動画を、

・ビーチから着陸を撮影したもの×2
・機内の窓から着陸を撮影したもの×1
・KLM機のコックピットから着陸を撮影したもの×1
・ビーチから離陸を撮影したもの×2

の、合計6つご紹介します。

※2017年9月6日、ハリケーン・イルマの直撃を受け、セントマーチン島は甚大な被害を被りました。現在は島の復旧が急がれているそうですが、そのような中でも、飛行機の離着陸は相変わらず行われているそうです。

【着陸1】CLOSE CALL at Maho Beach with live ATC. Princess Juliana, St Maarten (UnEdited)  

【着陸2】St.Martin KLM JUMBO Landing / セントマーチン KLM B747 着陸  

【機内から撮影:着陸】【ついに死者が】機内よりセントマーチン空港へ海すれすれの着陸  

着陸の直前に、マホビーチを見ることができます。

【コックピットから撮影:着陸】【KLM】B747プリンセス・ジュリアナ空港着陸コクピットビュー

ほとんどがビーチから飛行機を映したものが多いなかで、貴重なコックピットからの撮影です。

エメラルドブルーの海の上を航行しているKLM(オランダ航空)の前方に、セントマーチン島が見えてきます。

島に近づく4分30秒ごろからがおすすめです。

そして、ビーチに集まっている観光客の上を一瞬で通過します…

【離陸1】KLM 747 Extreme Jet Blast blowing People away at Maho Beach, St. Maarten – 2014-01-14     

旅客機の離陸の光景が撮影されている動画です。

噴射圧で人が飛ばされない様にフェンスに掴まっているのが分かります。

ラストは、助走の開始するときにあがる後方気流で、人が海へ向かって吹かれています。

【離陸2】飛行機が頭上ギリギリを猛スピードで…  

管理人のひとこと

エメラルドブルーの海に白い砂浜、南国のビーチでバカンスを楽しんでいる最中に轟音をあげながら頭上スレスレに通過して行く飛行機を体験できるなんて、最高ですね。

大人がはしゃいだり笑いが止まらないくらい喜んでいる様子が、動画を見る人の「体験してみたい!!」という気持ちを強くします。

頭上スレスレに通過していく旅客機ですが、Youtubeの他の動画も見てみると、すれすれ度は若干開きがあります(ご紹介したのは一番きわどいものを選びました。)

それにしても、半端ない迫力です。

ビーチを通過する旅客機の離着陸の危険さが、観光施設の商業的に用意したスリルさでなく、「本物のスリルさ」として観光スポットになっているところが興味深いですね。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 乗り物動画へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする