【京王線動画】新型車両5000系登場! 特徴と動画(車両紹介、試運転)

京王電鉄では、2017年9月29日(金)より新型車両5000系」の営業運転を開始する、と発表しています。

16年ぶりの新型車両で、最初は通常列車として運行を開始し、翌2018年春には有料の座席指定列車とする方針です。

特に、「車両デザインが斬新」「有料座席」「新機能」といった今までの車両とは違うことに日々注目が高まっている新型5000系は、現在は、若葉台検車区に搬入されていて、試運転をして運行準備を整えています。

京王線ユーザーが特に注目しているのは、以下の点についてです。

【2018年春の座席指定列車の服務内容】
<行先>
・新宿発京王八王子行き
・新宿発橋本行き
<運行時間帯>
平日・土休日の夜間帰宅時間帯

【座席】
・2018年春の座席指定有料からはクロスシート
(それまではロングシート)
・従来の車両の座席幅をより広くしていてへッドレストや肘掛があり、デザインは「高尾山」の木々の深いブラウンと「繊維の街八王子」の絹糸をモチーフにしている。

【利便性の高い車内装備】
無料公衆無線LAN(京王電鉄初)
空気清浄機「nanoe」(Panasonicナノイー・京王電鉄初)
電源コンセント(1席1口で座席指定列車時のみ使用可・京王電鉄初)
車両ビジョン(ドア上・天井部←天井部は京王電鉄初)
車椅子・ベビーカースペース・腰掛け(腰掛けは京王電鉄初)
放送装置は高品質ステレオ

その他の新型5000系の特徴については、動画の後に述べています。

今回は、新型5000系車両紹介・試運転動画10個ご紹介します。

※運行開始日(2017年9月29日)後の新型5000系の動画は、以下のURLでご紹介しています。
『京王5000系 運行開始から1か月の間に撮影された動画集』
http://lifelife01.com/ko5000-30days/

スポンサーリンク



京王新5000系若葉台に現る 流線形です!

若葉台検車区に搬入されている新型5000系登場のシーンです。

京王電鉄新5000系 若葉台検車区構内で試運転

京王電鉄が新型車両5000系を公開、通勤時間帯の着席ニーズに応え 

京王電鉄 新5000系5731F 夜間誘導障害試験

動画撮影者の方の説明に、「2017年7月9日の終電後(7月10日未明)に京王電鉄新5000系5731Fが若葉台駅~橋本駅間で試運転を行いました。なお、誘導障害試験自体は南大沢駅~多摩境駅間の上り線を使用して行われました。新5000系が本線で試運転を行うのは初めての事です。」とあります。

京王 新5000系 若葉台検車区内で入換

京王線5000系車両陸送

【陸送最終】京王5000系 第2編成(5732F) 陸送  

動画撮影者の方の説明に、「2017.9/15の深夜に京王電鉄の新型車両である5000系の第2編成(5732F)が総合車両製作所を出場し京王電鉄・若葉台車両基地へ陸送された。この日は5732Fの陸送最終日で輸送車両は9号車と10号車になります。」とあります。

京王電鉄が新型列車「5000系」を公開

【試運転】【4K + バイノーラル収録】日立IGBT-VVVF(ハイブリッドSiC適用) 新型車両 京王電鉄新5000系 5731F 性能確認試運転 京王多摩センター駅にて 警笛あり

【TOKYO MX NEWS】京王電鉄に16年ぶり新型車両 初の「有料座席指定列車」お披露目

新型車両5000系の特徴

【製作会社】
株式会社総合車両製作所(JR東日本100%出資の輸送機器メーカー)

【導入両数】
10両固定×5編成の合計50両です。
編成は、「5781」「5281」「5231」「5581」「5181」「5131」「5531」「5081」「5031」「5731」の10両編成です。

【外観】
 フロント面を傾斜させたデザインの先頭車両は、既存の車両より500mm延長させて設計されています。正面はブラックを用いてスマートさを表現し、側面はコーポレートカラーの2つのライン、上部にレッドと中央部にブルーが施されています。
 スカート(排障装置は、丸みを帯びた形状で、同じくコーポレートカラーのレッドが施されています。
 外板は、軽量化構造のステンレス板を用いた「sustina(サスティナ)」構体を採用し、レーザー溶接の技術によってステンレスのつなぎ目を感じさせない滑らかさを実現し、更に強度も向上させています。
 先頭車両の正面に左右取り付けられている前照灯はLEDで、側面の行先表示器にもフルカラーLEDを採用し、視認性を向上させています。

【内装】
 座席はクロスシートとロングシートの両方に転換することが出来、電源コンセントが設置されています。シートは布生地を使用しています。背もたれは高尾山の木々の深いブラウン、座面は繊維の街八王子の絹糸をモチーフにした上品なデザインで、立体感のある手触りです。また、座席幅を少し広げ(既存車両の450mmから460mm、3人掛けの固定座席は、450mmから505mm)ヘッドレストとひじ掛けが設置されています。
 床面は、木目調です。
 間接照明はLEDで、通常列車としての運行時は昼白色、座席指定車としての運行時は落ち着いた暖色、とシーンに分けて使用されます。
 袖仕切り板・妻引戸は大型ガラスを採用し、開放感を作り出しています。

【防犯】
1両につき防犯カメラを4台全ての車両に設置し、痴漢やテロといった犯罪への防止対策をとっています。

【事故防止】
ドアに物や人が挟まれる事故防止のため、何かが挟まってドアが閉まりきらないと検知したら、自動で扉が少し開き、再度閉じるという「電気式側引戸システム」を初めて導入しています。

【車上蓄電池システム】
 電車のブレーキで発生する回生電力を蓄電池に充電し、走行時の電力として供給したり、停電時は自力で走行することを可能としています。

【新型VVVFインバーター制御装置】
 省エネ性が高い新型を装備しています。

【名称】
2018年1月発表予定。

※運行開始日(2017年9月29日)後の新型5000系の動画は、以下のURLでご紹介しています。
『京王5000系 運行開始から1か月の間に撮影された動画集』
http://lifelife01.com/ko5000-30days/

にほんブログ村 動画紹介ブログ 乗り物動画へ

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする