【面白動画】海外の鉄道駅で何故か使用されているJRの接近・発車メロディー!(ポーランド、インドネシア)

今回は、海外の鉄道駅で使用されている接近メロディと発車メロディJRのメロディを使用していることで話題になっている動画をご紹介します。

JRのメロディが使われているのは、

ポーランドにあるGdańsk Wrzeszcz 駅(グダンスク・ヴジェシチ)の接近メロディ
インドネシア公営鉄道が運営する長距離列車の発車メロディ
インドネシア大学駅の発車メロディー

です。

聞きなれた曲にウケた!と思った瞬間に、聞きなれない外国語のアナウンスが耳に飛び込んできて、異国情緒があって面白いですよ!

スポンサーリンク

■ポーランドの駅の放送前メロディが、山手線と同じでした♪

ワルシャワの北西にあるGdańsk Wrzeszcz 駅(グダンスク・ヴジェシチ)の接近メロディです。

ブルーとイエローの模様の列車がホームを出てていった後の17秒ごろから接近メロディが流れます…

AquilaNoll2(YouTube)

■インドネシアでも使われてた日本の発メロ

2分41秒ごろから発車メロディが流れます。

インドネシア公営鉄道の1等車Eksekutif(エクゼクティブ)車が映っています。

チャイムが鳴る中、発車時刻になると、汽笛→職員の笛→汽笛が鳴ります。その後すぐにJRの発車メロディが流れ、列車が動き出します。

笛を鳴らした駅員が、電車に乗った駅員とホームにいるセキュリティと握手を交わすシーンも映っています。

Fukase/フカセ(ニコニコ動画)

■インドネシア大学駅1番発車メロディー「JR SH3-1」

インドネシア大学駅に停車している電車(旧JR東日本埼京線205系ハエ20F(205-128F)の発車シーンです。

しかも発車メロディは「JR SH3-1」が採用されています。

Pilar Gusmao(YouTube)
 

■ポーランドの駅の放送前メロディが、ATOSと同じでした♪

最初のポーランドのGdańsk Wrzeszcz 駅の動画がニコニコ動画にも投稿されています。

AquilaNoll2(POL) さん(ニコニコ動画)

管理人のひとこと

異国の鉄道駅で、まさかのJRのメロディが流れるとは…。現地で初めて聞いた人はびっくりされたでしょうね。

これらのメロディが、どういった経緯で、何故採用されたのか知りたいです。

ポーランドの駅のJRのメロディは、その後の女性のポーランド語のアナウンスが続くと、逆に中欧の情緒を醸し出していていいですね。

インドネシアの長距離鉄道のJRのメロディは、発車前からチャイムが鳴り続け、そこへ汽笛と笛、そして汽笛、トリにJRの発車メロディ…最後は男性がカラオケで歌っているような声がかぶって来て動画は終了…近代鉄道システムとのカオスがすごい!です。冒頭のインドネシア語が、「…3番線から~…は~…」と聞こえるのは私だけでしょうか^^

インドネシア駅のJRのメロディは、JRで使用されていた車両を採用していて、ホームも日本のローカル線の駅にも似ているので、あのメロディがかかっても違和感ないですね。アナウンスの音声が低めでちょっと巻き舌で怖いところに、「一番線、ドアが閉まります。ご注意ください。」の安心の音声がカブッて複雑です。

JRに乗るときは必ず耳に入る無機的なメロディが、何故か海外で使用されているという不思議さと面白さ…、しかも、現地に溶け込んでいることが、興味深いですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする