【爆笑動画】3秒クッキング「爆速エビフライ」&「爆速餃子」が面白い!

爆速エビフライ

爆速?3秒で本当に出来るの?

爆速餃子

どうやって出来るの?

これら2つの動画は、2014年11月にNTTドコモが公式チャンネルでYouTubeに公開した「premium 4G」のプロモーションweb広告です。

国内最速であることを表現するために料理番組風にして、「エビフライもネットワークもサクサク」と、エビフライのサクサクとネットワークのサクサクとを掛けたり、実際の料理番組『3分クッキング』を真似て『3秒クッキング』というタイトルにしたりして、料理人と助手が調理をしている爆笑ものの(架空の)料理動画です。

動画の冒頭部分は、

・「爆速エビフライ」理科の実験で使うような調理器具にエビがセットされていて…

・「爆速餃子」同じく理科の実験で使うような調理器具に餃子の材料がセットされていて…

です。

ちなみに、この2つの広告動画は、映像技術も内容もウケにウケて、「カンヌライオンズ  国際クリエイティビティ・フェスティバル」で「 BRANDED CONTENT ENTERTAINMENT」と「FILM CRAFT」の部門で金賞を、「FILM」部門で銀賞を受賞しました。

それでは、ご覧下さい!

「3秒クッキング 爆速エビフライ」篇 How To Fry Shrimp In Under 3 Seconds

「3秒クッキング 爆速餃子」篇

「3秒クッキング 爆速餃子」篇 NG集

【hisfie】「3秒クッキング 爆速餃子」篇のBGM 歌詞・カタカナ読み・日本語訳付き

上の爆速餃子の広東語の歌の翻訳です。

広東語に読み方(ピンイン)を付けてくれているので、本格的な仕上がりです。

管理人のひとこと

エビや餃子の材料が空気圧力調整用機器に射出されるあの瞬間がウケますね^^

水平に吹っ飛びながら、下から吹き上がってくる小麦粉や炎などを潜って通過していく…のを、いくつか繰り返して皿(もしくはグローブ)に受け止められて停止する…(*≧∀≦*)オモシロイ

メカニックな調理器具(!?)は、この動画の撮影のために開発され、その配置は商品の仕組みに沿っているとのことなので、結構「理に叶った」設定のようです。

それに、食材以前に先ず、赤の点線枠の道具はそろえることが出来ないのに、なぜか一行目が商品説明になっている…w

あとは、爆速餃子のコックさんも、ゴーグルを付けて特殊部隊の兵士(もしくはブルースリー)みたいで可笑しいです。無表情だしw(でも、エビフライより速く出来たので、最後は満足のいく結果にニヤッとしてました。)

バックにかかっている曲も、戦隊ものとか香港映画のテーマ曲風で、「熱さ」を表してるのでしょうか。

動画再生時間は短いですが、十分に笑える動画ですね^^

にほんブログ村 動画紹介ブログ 面白動画へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする